• ホーム 与謝野町地域ポータルサイト
  • みんなの動画
  • みんなの広場
  • お店&企業
  • イベント情報
  • お知らせ
ホームみんなの広場方士求不死薬図六曲屏風

方士求不死薬図六曲屏風

     
  • ジャンル:町の歴史・文化
  • 更新日:2011年4月22日(金曜日) 09時34分
  • コンテンツID:7-379-48142
 

「蕪村ゆかりの施薬寺を訪れた俳人」

 与謝蕪村が丹後を訪れた際に描き残した屏風で、現在は京都府指定文化財に指定されている「方士求不死薬図六曲屏風」。滝の施薬寺はこの屏風を所蔵することで古くから有名で、ここには蕪村を敬愛する俳人や研究者らが多く訪れました。
 昭和33年冬に来訪した高野素十もそうした俳人のひとりです。
 素十は大正7年生れで大学時代に俳句を始め高浜虚子に師事、虚子の『ホトトギス』に参加しました。
 同時期に『ホトトギス』誌上で活躍した山口誓子、阿波野青畝、水原秋桜子とともに名前の頭文字をとって「『ホトトギス』の4S」と呼ばれました。
 昭和28年に俳誌『芹』を創刊し主宰となった素十は、『芹』丹後支部創設のために当地を訪れ、その際に施薬寺で詠んだのが次の一句。

 山の寺蕪村屏風を舒べて待つ 素十
(昭和34年1月発表)
 
 「山の寺」はもちろん施薬寺のこと。季語は「屏風」で冬。部屋を仕切り、装飾品でもある屏風は必ずしも冬に用いられる物ではありませんが、風除けという側面から、俳句では冬の季語とされています。
 蕪村の屏風を「舒べて待つ」のは寺を訪ねた作者ではなく、自分を迎える施薬寺の住職なのですが、ここで作者は相手の気持になって、寺の宝である蕪村の屏風で客人を迎える、そのあたたかな心持を描いています。
 高野素十の作風は自然を徹底して客観的、即物的に描写することから、「純写生派」と呼ばれました。
 そんな素十も冬の寒さが厳しい丹後で人々のあたたかさに触れ、右の句を詠むに至ったのではないでしょうか。

方士求不死薬図六曲屏風【ほうしふしやくをもとむるのずろっきゃくびょうぶ】
■時代
 江戸時代
■場所
 与謝野町字滝
 (施薬寺)
■指定等の状況
 京都府指定文化財/絵画
 (昭和61年4月15日指定)

 

与謝野町教育委員会

写真の投稿

あなたが撮影した写真を掲載しませんか?
お気軽にご投稿ください!

投稿する

写真をさがす

ページの先頭へ戻る