• ホーム 与謝野町地域ポータルサイト
  • みんなの動画
  • みんなの広場
  • お店&企業
  • イベント情報
  • お知らせ
ホームみんなの広場神宮寺のコウヤマキ

神宮寺のコウヤマキ

     
  • ジャンル:町の歴史・文化
  • 更新日:2013年7月24日(水曜日) 16時04分
  • コンテンツID:7-379-48061
 

「お印の木 コウヤマキ」

 秋篠宮さまご夫妻の「まっすぐ育ってほしい」との思いから、長男であられる悠仁さまの「お印」は「高野槇」となっています。
 石川区の神宮寺境内には、見上げる程の大きな「コウヤマキ」があります。
 コウヤマキは、スギ科の一種で、古代には、古墳に埋葬するお棺の材料にも使われていました。
 樹高は約30m、人の肩ぐらいの高さの幹周りは4.1mあります。府内では他に類を見ません。
 与謝野の町を見守るように伸びているコウヤマキ。樹齢は、少なくとも400年以上と言われています。

神宮寺のコウヤマキ【こうやまき】 
■樹齢
 400年以上
■場所
 与謝野町字石川
 (神宮寺境内)
■指定等の状況
 京都府指定文化財/天然記念物
 (昭和61年4月15日指定)

 

与謝野町教育委員会

写真の投稿

あなたが撮影した写真を掲載しませんか?
お気軽にご投稿ください!

投稿する

写真をさがす

ページの先頭へ戻る