• ホーム 与謝野町地域ポータルサイト
  • みんなの動画
  • みんなの広場
  • お店&企業
  • イベント情報
  • お知らせ
ホームみんなの広場滝のツバキ

滝のツバキ

     
  • ジャンル:町の歴史・文化
  • 更新日:2014年6月18日(水曜日) 10時13分
  • コンテンツID:7-379-48059
滝のツバキ(2014年4月13日撮影)

「悠久の生命力を発する霊椿の姿」

 滝地区の山中、狭く深い谷奥の大田和・深山にもかつて集落があり、人々の生活が営まれていました。そこには人の想像を超えた巨樹の椿があります。通称「千年椿」。国内最長寿級の巨樹の一つとされ、3月下旬から4月上旬にかけて、濃紫紅色のやや小振りな花が枝葉の間をうめ尽くします。その姿はまさに霊椿と呼ぶにふさわしいものです。

 椿について調べてみますと、人々は古来より椿に対して長命・霊力を感じ取り、特別な木とみていたことがわかります。一説には、冬でも艶やかな肉厚の葉、そして雪の中でも花を咲かせることに力強い生命力を感じたからとも言われています。

 与謝野町の木に選ばれた「椿」は、過去から今そして未来へと永く生命力に満ちた町となるにふさわしいと感じられます。

滝のツバキ【Camellia】
■分類
 ツバキ科ツバキ属ヤブツバキ
■樹齢
 不詳。国内最長寿級の巨樹であることは確かです。
■規模
 樹高9.7m、枝張り径10.0m、幹周3.26m
■場所
 与謝野町字滝小字深山
 (加悦椿文化資料館から1.8km)
■指定等の状況
 京都府指定有形文化財・天然記念物
 (平成元年4月14日指定)

 

与謝野町教育委員会

写真の投稿

あなたが撮影した写真を掲載しませんか?
お気軽にご投稿ください!

投稿する

写真をさがす

ページの先頭へ戻る