• ホーム 与謝野町地域ポータルサイト
  • みんなの動画
  • みんなの広場
  • お店&企業
  • イベント情報
  • お知らせ
ホームみんなの広場雲岩寺 木造地蔵菩薩坐像

雲岩寺 木造地蔵菩薩坐像

     
  • ジャンル:町の歴史・文化
  • 更新日:2011年4月21日(木曜日) 17時19分
  • コンテンツID:7-379-48058
 

「地蔵盆と木製のお地蔵さま、雲岩寺 木造地蔵菩薩坐像」

 毎年8月の地蔵盆には、町内のあちこちにあるお地蔵さま(実際は阿弥陀如来が彫られていることが多い)を集め、子どもたちが色を塗り飾られ、この地域の夏の風物詩となっています。
 岩屋区の雲岩寺境内にある天王堂には、木で作られたお地蔵さま、木造地蔵菩薩坐像が安置されています。左手に宝珠(宝のたま)、右手には錫杖(頭部に鈴状のものを付けた杖)を持っている典型的なお地蔵さまです。高さは約80cmと等身大で、袈裟をまとっている点が珍しく、自然なおもむきが感じられる姿が鎌倉時代初期の特徴を表す貴重な仏像です。
像の底面には、雲岩寺を再興した黙譚和尚が、元禄9年(1696)に修復したことが漆で書き記されています。

木造地蔵菩薩坐像【もくぞうじぞうぼさつざぞう】 
■場所
 与謝野町字岩屋
 (雲岩寺境内 天王堂)
■指定等の状況
 与謝野町指定文化財/彫刻
 (昭和62年10月12日指定)

 

与謝野町教育委員会

写真の投稿

あなたが撮影した写真を掲載しませんか?
お気軽にご投稿ください!

投稿する

写真をさがす

ページの先頭へ戻る