• ホーム 与謝野町地域ポータルサイト
  • みんなの動画
  • みんなの広場
  • お店&企業
  • イベント情報
  • お知らせ
ホームみんなの広場くすぐる診療所No.23

くすぐる診療所No.23

     
  • ジャンル:みんなで健康
  • 更新日:2014年3月17日(月曜日) 10時28分
  • コンテンツID:7-375-220554
医師画像

 小閑小話-「医療における東洋と西洋」

 昨年11月、宮津で細川忠興・ガラシャ夫人生誕450周年記念イベントの一環として、私の小学校からの親友である平野一郎さんが作曲・監修を務めたピアノとチェロのコンサート「祈りのガラシャ」が開かれ聴きに行きました。丹後地方を題材とした彼の楽曲が西洋の楽器で演奏されましたが、丹後の深い森や海辺の情景が見事に表現されており圧倒されました。

 音楽や絵画の世界で、東洋と西洋が互いに触発し融和してきた歴史があるように、医療の分野でも東洋と西洋の融和の歴史があります。今から約2千年前の中国では漢方医学の基礎が既に出来上がっており、「傷寒論」という医学書の中には現在でも風邪の特効薬として用いる「葛根湯(かっこんとう)」や「麻黄湯(まおうとう)」と言った処方が記載されていました。方や西洋では約500年ほど前に解剖学が興りそこから外科手術が発達し、約400年前の顕微鏡の発明で細菌学が発達してきました。江戸時代中期の日本では漢方(東洋医学)と蘭学(西洋医学)が融合し、その極みとして漢方と蘭学の両方を修めた華岡青洲が世界で初めて全身麻酔を使った乳がん手術を成功させたのでした。

 しかし江戸時代に全盛を極めた漢方が明治以降閉め出されたため、最近までの日本の医療はほぼ西洋医学一辺倒となっていました。西洋医学は分析的で科学的、公衆衛生的な医学のため、多数の患者さんを単一の方法で治療する事に威力を発揮します。外科学や感染症治療、ワクチンによる予防などで非常に有力です。

 それに対し、東洋医学は個々の患者の体質や症状に合わせたきめ細かな対処が特徴で、現在では風邪治療の対症療法を始め、更年期障害、様々な不定愁訴に対する処方など、西洋医学では異常が見つからないのに症状を訴えるような患者さんに対しても、何らかの治療法が提供できることが多く、いわば個々の患者さんに合ったオーダーメイド治療が行えることが身上です。このように西洋医学と東洋医学を上手く融和し使うことで、一層幅の広い医療が行えることになり、私も最近漢方を再評価して積極的に治療に取り入れるようにしています。

 ご意見ご質問はメールでもどうぞ。E-Mail: a.hamada@tangohp.com

執筆)浜田 暁彦(1974年宮津生まれ:宮津高校、京都大学医学部卒業) 現在丹後中央病院 消化器内科部長。モットーは「楽な胃カメラ」「痛くない大腸カメラ」を行うこと。胆膵内視鏡ERCPや早期がん治療ESDなど内視鏡による治療が専門。毎週火曜日午前:与謝野町立国保診療所 内科担当。

よさのカード会「くすぐる」から抜粋

写真の投稿

あなたが撮影した写真を掲載しませんか?
お気軽にご投稿ください!

投稿する

写真をさがす

ページの先頭へ戻る