• ホーム 与謝野町地域ポータルサイト
  • みんなの動画
  • みんなの広場
  • お店&企業
  • イベント情報
  • お知らせ
ホームみんなの広場田中雪渓の「大瀑布図」

田中雪渓の「大瀑布図」

     
  • ジャンル:町の歴史・文化
  • 更新日:2013年3月13日(水曜日) 07時42分
  • コンテンツID:7-379-159918
大瀑布図

田中雪渓の「大瀑布図」

 雪渓は、天保二年(1832)に岩屋村で生まれました。和田屏山に師事し、のち岸竹堂の門人となります。
 大和絵を得意とし、明治時代の前中期に活躍しました。地元にもいくつかの作品を残し、大正二年九月二日に郷里で没します。
 「大瀑布図」は、地元で保管されてきた作品で、文字通り画面全体に大瀑布が描かれています。画面端に少し岩がのぞいている他はすべて滝が描かれており、水が落ちる直線的な流れと滝壺へ落ちた後の水しぶきの様子が、迫力ある構図で画面いっぱいに表現され、まさに響きわたる滝の音が聞こえてくるようです。

田中雪渓の大瀑布図【たなかせっけい だいばくふず】 
■時代
 明治時代
■場所
 与謝野町字岩屋
■指定等の状況
 町指定文化財/絵画
 平成8年6月23日指定

 

与謝野町教育委員会

写真の投稿

あなたが撮影した写真を掲載しませんか?
お気軽にご投稿ください!

投稿する

写真をさがす

ページの先頭へ戻る