• ホーム 与謝野町地域ポータルサイト
  • みんなの動画
  • みんなの広場
  • お店&企業
  • イベント情報
  • お知らせ
ホームみんなの広場くすぐる診療所No.10

くすぐる診療所No.10

     
  • ジャンル:みんなで健康
  • 更新日:2013年4月23日(火曜日) 13時54分
  • コンテンツID:7-375-107302
医師画像

その10 『予防する医療』への意識改革を!

「1年の計は新年にあり。」 新年おめでとうございます。

今回は、これまでの連載のおさらいをしますので、みな様、この新年のうちに1年の「健康計画」を立ててみましょう。

現在、日本人の死亡原因の第1位が「がん」であり約30%、2位が心疾患で約15%、3位が肺炎で約10%、4位が脳血管疾患で約10%の順です。

このように見てみると、「がん」と「心臓および脳の血管の病気」の2種類を予防することが非常に大事なことが分かります。

「がん」の中で最も多いのは「消化器のがん」で、そのうち予防が可能なものは、これまでご説明してきたように、「胃がん」「肝臓がん」「食道がん」「大腸がん」などです。

このうち「感染症」が原因になるものとして、「胃がん」はピロリ菌の感染から慢性胃炎になり「がん」が発生することが分かっていますので、一度ABC検診(採血)などで「ピロリ菌」の検査(検診には含まれません)を自分で受け、自分の「胃がんの危険度」を知り、それに応じた定期的な胃カメラ検査を受けましょう。

そのことで「胃がん」は早期に発見して治すことができます。

「肝臓がん」に関しては次回以降で詳しく説明しますが、大部分はC型肝炎、またはB型肝炎のウイルス感染が原因ですので、これらも採血でC型肝炎ウイルス、B型肝炎ウイルスの検査を自分で一度は受けておきましょう。

それに対し、「大腸がん」「食道がん」は生活習慣が原因となることが分かっています。

アルコール、たばこ、肉食、野菜の少ない食事、肥満などがこれらの原因となるため、生活習慣を見直すことで予防が可能で、また胃カメラや大腸カメラ検査を定期的に受けることで早期発見が可能になります。

最後に、心疾患や脳卒中といった「血管の病気」が原因となるものは「動脈硬化」が原因しており、「動脈硬化」を引き起こす病気としては、高血圧、高脂血症、糖尿病、高尿酸血症、肥満などであり、生活習慣としては「たばこ」「高脂肪、高カロリー食」「ストレス」などが原因となります。

これらの病気は検診で調べることができますので1年に1回は是非調べるようにしましょう。

以上のように「ピロリ菌」「肝炎ウイルス検査」「胃カメラ」「大腸カメラ」「検診(レントゲン、エコー検査を含む)」を定期的に受け、肥満やメタボの原因となるような生活習慣の改善、禁煙を行うことでほとんどの重大な病気が予防または早期発見できます。

この新年のうちに、以上の検査や検診、生活改善の計画を立て、計画通りそれを実行することを是非お勧めします。

ご意見ご質問はメールでもどうぞ。E-Mail: a.hamada@tangohp.com

執筆)浜田 暁彦(1974年宮津生まれ:宮津高校、京都大学医学部卒業) 

現在:丹後中央病院 消化器内科部長。

モットーは「楽な胃カメラ」「痛くない大腸カメラ」を行うこと。胆膵内視鏡ERCPや早期がん治療ESDなど内視鏡による治療が専門。

毎週火曜日午前:与謝野町立国民健康保険診療所 内科担当。


よさのカード会「くすぐる」から抜粋

写真の投稿

あなたが撮影した写真を掲載しませんか?
お気軽にご投稿ください!

投稿する

写真をさがす

ページの先頭へ戻る