• ホーム 与謝野町地域ポータルサイト
  • みんなの動画
  • みんなの広場
  • お店&企業
  • イベント情報
  • お知らせ
ホームみんなの広場くすぐる診療所No7

くすぐる診療所No7

     
  • ジャンル:みんなで健康
  • 更新日:2012年9月28日(金曜日) 08時01分
  • コンテンツID:7-375-100055

『予防する医療』への意識改革を!

その7 「メタボとは ???」

これまでの6回の連載で、今日本の死亡原因で一番多い(約30%)「がん」をいかに予防し、早期発見、早期治療するかをお話してきました。

今回からしばらくは、がんの話から少し離れ、死因の第2位(約30%)であるもう一つの国民病「動脈硬化性疾患」について連載します。

その後、また「がん」の話に戻る予定です。

「動脈硬化」とは「動脈血管が狭くなり最終的には詰まってしまい血が流れなくなってしまう」病気で、多くの日本の中年から高齢者がかかっている病気です。

動脈硬化が原因で引き起こされる病気は多数あるのですが、代表的なものとして、「心筋梗塞」(心臓の血管が詰まってしまい、心臓の筋肉細胞が死んでしまう状態で心臓が止まり死亡し易い)、「狭心症」(心臓の血管が狭くなり、将来心筋梗塞に進行しやすい)、「脳梗塞」(脳の血管が詰まってしまい、脳細胞が死んでしまう状態で死亡し易く麻痺などの後遺症も残り易い)、「脳出血」、「慢性腎不全」などがあります。

その原因としては「高血圧」「高脂血症」「糖尿病」「高尿酸血症」「肥満(特に内蔵脂肪型肥満)」「たばこ」が代表として挙げられます。

「メタボ」は正式には「メタボリックシンドローム」の略ですが、端的に言えば「内蔵肥満型肥満」に上に挙げた「高脂血症」や「高血圧」「糖尿病」などが加わり、「動脈硬化性疾患」に非常になりやすい状態を指します。

次回から数回に渡り、これらの病気につきわかり易く説明します。

執筆)浜田 暁彦(1974年宮津生まれ:宮津高校、京都大学医学部卒業) 

現在、丹後中央病院 消化器内科部長。

モットーは「楽な胃カメラ」「痛くない大腸カメラ」を行うこと。
胆膵内視鏡ERCPや早期がん治療ESDなど内視鏡による治療が専門。

毎週火曜日 午前:与謝野町立国保診療所 内科担当。

・ 次回予定:その8「動脈硬化」

よさのカード会「くすぐる」から抜粋

写真の投稿

あなたが撮影した写真を掲載しませんか?
お気軽にご投稿ください!

投稿する

写真をさがす

ページの先頭へ戻る